出禁者いろいろなケース

デリヘルのお気に入り風俗嬢にキスマークをつけるべからず

投稿日:2016年6月15日 更新日:

お気に入りすぎるデリヘル嬢

デリヘルというのはイチャイチャと本当の恋人同士のような体験をできることが楽しくて嬉しくてやめられないという男性は多いものですね。

対する女の子側もいかに男性に疑似恋愛に浸らせてあげられるかが人気の秘訣なだけあって努力しているところでもあります。

お気に入りすぎるデリヘル嬢そんな駆け引きがあるとは知らず、もしくは知っていても気づかないふりをしている人はいるかもしれません。

献身的に奉仕してくれるデリヘル嬢に好意を寄せること自体は悪いことではなく人間としてはむしろ自然なことかもしれません。

始めはそんなつもりがなくとも何度か指名しているうちにその女の子がいたく気に入り真剣に交際まで考えてしまうなんてケースも珍しくありません。

 

『俺のもの』という印をつけたい

しかし、あくまでも恋人のような体験ができるというだけであって、けっして真剣なお付き合いをしている『彼女』ではないのです。それを履き違えた結果、キスマークをつけたがる人がいるのです。

デリヘルのお気に入り風俗嬢にキスマークをつけるべからず

なぜキスマークをつけたのか理由はそれぞれだとは思いますが、デリヘル嬢を『自分のもの』だというマーキングの意味でつける人が存在するのです。かなりのソクバッキーですね。

プライベートで彼氏や旦那さんがいる子は当然困りますし、それ以前に他のお客様のところへもいけなくなります。

デリヘル嬢に他の男のマークがついていて喜ぶ人なんてほとんどいませんからね。よほど変わった性壁をおもちのかたなら違うのかもしれませんがそういったタイプの男性はごくごく稀。

女の子に傷をつけるのと同じレベルで出入り禁止になるものです。デリヘルでもプライベートでも人のものにはマーキングをしてはいけませんということです。これは風俗遊びや不倫の暗黙のルールでもあるわけです。

そしてプレイの前技としてキスだけでなく、耳を舐めたり軽くかじったり、さらには顔を舐めたりする男性客もいますが、これは完全に風俗嬢に嫌われる行為なのです。

男性と違って化粧をしている為に顔を洗えない、さらには人気嬢ならすぐに次のお客様へ向かう為に、顔や耳を舐められても臭いのを我慢して次の仕事へ行くのですが、当然臭いがあっても洗えないという状況から怒り出すのも仕方ないですね。

-出禁者いろいろなケース

Copyright© デリヘル業界の様々な出入り禁止客 , 2018 AllRights Reserved.