出禁者いろいろなケース

デリヘルの合法店と非合法店の客層は大きく違う

投稿日:

デリヘルの合法店と非合法店の客層は大きく違う日本の法律で本番行為を容認している風俗は皆無ですので、法的にはソープランドでも本番行為は禁止という事ですね。

デリヘルの合法店は本番なし、非合法店は管理売春として本番行為があるという分別で話を進めていきますね。

実は都内の一部の風俗店を除き、特に地方ともなれば、合法店も非合法店も女の子の収益となるバックの金額はほぼ変わりません、合法店だと容姿が良ければ当然稼げますが、非合法店はあまり容姿は関係なくフリーでも最低限は稼げるといった違いがある程度なのです。

そして本番の有無でデリヘルの客層は大きく変わって来る傾向が強く、お客が女性に対する接仕方や態度があからさまに違うからです。

本番行為がない合法的なデリヘル店は、女の子に対して比較的やさしいお客さんが多いんです、逆に言えばなんとかイイ人になって優しく接する事で、軽く本番交渉してくるみたいな感じでしょうか、それだけに決して女性に対して無理強いなんてしてきません(笑

そして本番がある非合法店だと比較的横暴な態度のお客が多くなってきます、女性というより動物扱いに近いかもしれません。

誰でも本番ありが当たり前だけにお客から見て人ではなくオナニーの道具みたいに扱うお客が多いのは深層心理的にも見下すからなんでしょうね。

そもそも本番行為というのは法律的に許可されている商売はありません、先ほども記載したとおり、ソープランドでさえ法律では本番行為は禁止になっているのを知る方も少ないのではないでしょうか、さらに繁華街などにあるピンサロは風俗店ではありません、ピンクサロンは飲食店扱いですw

ピンサロでは必ず最初に飲み物を聞かれます、カーテンとか壁などで個室みたいに区切っただけで警察の検挙対象となるぐらいなんですよ。

あと、デリヘルでよく勘違いされているのが警察からの営業許可というのはデリヘルという業種には絶対ありません。

警察へ無店舗型の風俗店を申請してきたので受理しましたよと届出確認書を出しているのです。

つまり許可は最初から無く、申請があったから受取証明書として確認書を出したに過ぎないのですので、言い方を変えれば多少のノウハウさえあれば誰でも手軽にデリヘルを開業できるともいえるんですね。

-出禁者いろいろなケース

Copyright© デリヘル業界の様々な出入り禁止客 , 2017 AllRights Reserved.